バイクに乗ってる鈴木S茶

にわかバイク乗りが書くワクワクお楽しみブログ(ただしバイクの話は少ない)


メールはコチラ→honmyo_suzuki@yahoo.co.jp

反転した世界で俺は絵を描く

 

☆前回までのあらすじ☆

ネオ (id:neo00067825)さんの記事を読んで、上下反転した絵を描く事になりました。 説明が難しいので詳しくはこの記事を読んでみてください。

 

 

 

あ、どうも。こんばんは。鈴木S茶です。

やっぱり絵が上手い人って憧れますよね。自分も絵が上手い人への仲間入りをしたいですよね。しかし、残念ながら俺の絵はクソ下手なんです。

だからね! やってやりますよ!  張り切って絵の練習をしますよ! 頑張るぞ!

 

という事で、今回準備した物はコチラです。

f:id:nogiheppen:20180907225819j:plain

 

筆ペンルーズリーフです。

他にもシャーペンやボールペンやペンタブも持っているのですが、俺は普段から筆ペンで漫画を描いているので練習も筆ペンを使う事にしました。

ちなみに、この画像の俺はピコ太郎のようなポーズをしていますが完全に偶然です。何も考えずにポーズを取ったらピコ太郎になりました。ピコ太郎って自然体だったんですね。

 

 

まあピコ太郎の事は置いておくとして、早速練習を始めていきます。

最初に描くのはアゴなしゲンとオレ物語1巻の表紙

f:id:nogiheppen:20180907230345j:plain

 

ケンヂです。

f:id:nogiheppen:20180907230558j:plain

 

ケンヂを理由は「なんか簡単そうだから」です。最初は簡単な絵の方がハードルが低くて安心できます。

他にも「最初から自分の絵の下手さを思い知らされると泣いちゃう」などの理由もあります。でもケンヂならきっとスラスラと描けるでしょう。

 

 

と思ったら描き始める場所を間違えてケンヂが晒し首になりました。

f:id:nogiheppen:20180907230919j:plain

 

ケンヂを処刑するつもりは無かったのですが、いきなりこんなに悲惨な事になるとは。これは「絵が下手」とかそんな理由ではなく「頭が悪い」というのが一番の理由だと思います。にしてもケンヂ小さいな。

 

これではルーズリーフが勿体無いのでこのまま2つ目の絵を描きます。

次に描くのはMEGWINTVが製作したアニメーション作品。その名もアニメグTHE MOVIE

f:id:nogiheppen:20180907231428j:plain

 

右上からケンヂが覗いているのが気になりますが、今度は落ち着いて描きます。

ちゃんと上手に描ける事を祈って、いざ!

 

 

まずは文字から描きます。

f:id:nogiheppen:20180907231634j:plain

 

既に「ちゃんとお手本見たのかよ」と言われそうなくらい下手ですね。特に「」が酷いですね。正直に言うとこの時点で既にかなりの高難易度でした。何故なら俺に技術が無いからです。

 

 

でも絵のメインはここからです。描くぜ! MEGWIN

f:id:nogiheppen:20180907231955j:plain

 

あれ...? 想像してたより酷く無い...?

もしかして結構上手に描けたんじゃないですか!?

 

 

と思ったのですが、元の向きに戻してみたら普通に下手でした。

f:id:nogiheppen:20180907232137j:plain

 

まだ練習を始めてから少ししか時間が経っていませんが、ここまでで1つ気付いた事があります。それは...

 

真横にお手本があるのにあんまり見てない。

 

お手本を見て描く練習なのにお手本を見ないなんて俺は一体何をしているんでしょう。このままでは時間がもったいないので次はちゃんとお手本を見て上手に描いて見せますよ!

 

 

さあ! 3つ目のお手本は俺が漫画を描くキッカケになった作品! 永田カビ先生さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

f:id:nogiheppen:20180907233056j:plain

 

永田カビ先生本人

f:id:nogiheppen:20180907233321j:plain

 

俺に漫画の楽しさを間接的に教えてくれた永田カビ先生を下手に描く訳にはいきません。慎重に線の長さやバランスを確認しながら、落ち着いて冷静に描いていきます。

f:id:nogiheppen:20180907233617j:plain

 

今更ですが、お手本と違うサイズの絵を描くのって難しいんですね。線を1本描く度に少しずつガッカリしていきます。

それでもなんとか顔までは描き終わりました。途中経過はこんな感じです。

f:id:nogiheppen:20180907233815j:plain

 

向きを元に戻すとこんな感じです。

f:id:nogiheppen:20180907234112j:plain

 

ここまでは意外と上手く描けていると思います。しかし、次に描くのは永田カビ先生の胴体です。絶対に難しい。

でも顔をそこそこ上手に描けたので胴体もそこそこ上手に描ける気がします。

 

 

・・・残念ながら気がするだけでした。

f:id:nogiheppen:20180907234359j:plain

 

絶対に永田カビ先生はこんな奇妙なガタイはしていないと思います。

f:id:nogiheppen:20180907234516j:plain

 

今回は顔を描いた時点で油断してしまい下手なキュビズムが完成しました。

 

まだルーズリーフ2枚分しか練習をしていないので人並み以下の絵しか描けませんが、これからどんどん練習を続けて人並み以上の絵を描けるようになれたらなと思っています。

 

あと、絵を描く環境も変えようと思います。

実はですね... 絵を描く時に使っている机がですね...

f:id:nogiheppen:20180907235219j:plain

 

本当は机ではなくて...

youtu.be

 

楽器ケースだったんです。(カホンという楽器です)

これ、首と肩と右手に負担がかかるんですよね。なので今からホームセンターで机を買ってきますね。

 

行ってきま~す。さよなら~。